先輩より

FILE01 村西和紀 【2014年 入職】

  

Q.入職の動機ときっかけは?

教員をしていた時に「子どもに勉強を教えるだけではなく、子どもの内面を育てたい」と思い、生活に密着できる児童養護施設に転職しました。


Q.今、力を入れている仕事内容は?

教員の経験を活かして、子ども達の学習を支える学習支援委員会を運営しています。神の国寮では公文に力を入れており、他のホームの職員と共に、学力以外にどのようなことが伸ばせるか、どのように教えると分りやすいか、といったことを協力して考えています。


Q.この仕事のやりがい・楽しさは?

子どもの変化に気づいたとき、とてもやりがいを感じます。例えば普段部屋が汚く、片付けに無頓着な子どもが、合宿に行くための荷物をまとめているときに「服ってどうやってたたむといいの? 俺たたんだことないからわかんない」と言って来て、「服をたたむとうまくしまえる」ということに気付けたことが、とても嬉しかったです。

 

 

 

 

FILE02 佐藤太基 【2013年 入職】


Q.入職の動機ときっかけは?

学生時代は保育所保育士を目指していましたが、実習で児童養護施設の存在を知り、興味を持ちました。ボランティアや実習先の施設の行事に参加して子ども達と関わる中で、子ども達の意見を聞くこと、自分の考えを伝えることを重ねました。そのとき、佐藤太基という人間のまま子どもと接していることき気づき、自分に合っているのは施設職員として働くことなのだと思い、入職するきっかけとなりました。


Q.現在までのキャリアと仕事内容は?

グループホームに配属され、男子高齢児6名と職員2名と協力しながら生活しています。基本的に子ども達の生活援助といってしまえば一言ですが、彼らの将来のために家事はもちろん、学校とのやり取り、親とのやり取り、相談にのったりをしています。時には叱ることもあります。多くのストレスを抱えて成長していっている子ども達です。本気でぶつかり、夜遅くまで話し合いが続くこともあります。一緒に笑って、一緒に悩んで、一緒に悲しんで、一緒に努力していくことが私の仕事です。


Q.この仕事のやりがい・楽しさは?

一緒に成長していけることが一番の醍醐味だと思います。子ども達はまだまだ幼い18歳という年齢で施設から巣立っていかなければいけません。そういった子ども達の中に自分という存在が少しでも残れば嬉しいですし、退所後、生活がしんどいとき、悪さに走ろうとしたときに頭に浮かんで連絡してきてくれれば「よかったな」と思えるのだと思います。
私の夢は退寮した子どもが20歳を超えて、一緒にお酒を飲むことです。「あのとき○○だったな」「あの日佐藤さんキレたよね」とヘラヘラしながら時間を忘れて話をすることです。

 

 

 


FILE03 井上香奈美 【2018年 入職】


Q.入職の動機ときっかけは?

学生時代に児童養護施設に実習に行ったとき、保育園や幼稚園とは違い、かなり家庭的な場面で子どもを支えることができる仕事だ、ということを知り、就職したいと思いました。神の国寮に決めたきっかけは、アルバイトをした際、職員さんの子どもと関わる時の楽しそうな姿やメリハリをつけている姿を見て、素敵だなと思ったからです。


Q.今、力を入れている仕事内容は?

担当児童と関係性をしっかり作ることです。「他人」という関係からスタートし、時間をかけて私が子どもの敵ではなく味方であることを証明し、子ども達の中の「安心して話せる人」の一人になれるように日々努めいます。


Q.この仕事のやりがい・楽しさは?

喜怒哀楽を子どもと共有し一緒に経験していくことによって、子どもの成長を見られることに、とてもやりがいを感じています! 子どもが出来なかったことや苦手なことにチャレンジし、出来るようになったとき、苦手を克服できたときは、嬉しさで日頃の疲れが飛んでいきます!
子どもが好きというのは前提にありますが、一緒にふざけて遊んだり、本気で勝負してみたり、等子どもと関わっている時間が一番楽しいです。


Q.学生時代にやっておくといいと思うこと

学生で元気なうちにたくさん遊んでおいた方がいいかなと思います! 社会人になってからは長時間遊ぶことができなくなったので 笑。
何でも話せる友達を作っておくことも大切だなと思いました。自分がしんどいときに話すだけで少し楽になれたりするので、楽しいことから真面目なことまでどんなことでも話せる友達はいたらいいなと思います。

 

 

 

 

FILE04 猪股扶美奈 【2018年 入職】


Q.入職の動機ときっかけは?

私は元々幼い頃から赤ちゃんや小さい子どもと遊ぶことが好きで、保育士になりたいと思っていました。高校生の頃にニュースで児童養護施設の存在を知り、施設で暮らしている子ども達のことを知りたいと思う気持ちが芽生えました。大学生になり、実習で保育園や幼稚園、児童養護施設に行き子ども達との関わり方を学びましたが、自分は先生として子ども達と関わりたいのではなく、私自身が一人の人間として子どもの気持ちに寄り添い生活を共にし、一緒に成長していきたいことに気が付きました。また児童養護施設で暮らしている子ども達のことをもっと知りたいと思ったため、入職を決めました。


Q.今、力を入れている仕事内容は?

入職から変わらず力を入れていることは、子どもの気持ちを聞くことです。子どもとの関係を作るうえで子どもと話す時間はすごく大切な時間だと感じているので、子どもが話しかけてきたら、まずは聞くことを意識しています。


Q.この仕事のやりがい・楽しさは?

入所当時は全く話しかけてこなかった子が、気軽に話し掛けに来たり、好きな人の話やくだらない話等、些細なことでも話してくれるようになったりするとやりがいを感じます。子どもと話す時間はいつも楽しいなと感じます。


Q.学生時代にやっておくといいと思うこと

気になる職種へのアルバイトは、その職種を知ることや自分がそこで本当に働きたいのかを確かめることにもつながるので、やっておくといいのかなと思いました。私自身保育園で働く夢もあったので、実習以外でもアルバイトをしました。児童養護施設でも神の国寮と別に施設でボランティアをし、自分はどんなところでどういう人たちとどう働きたいのか、を考え知ることが出来たので、良かったなと思いました。