体調不良の原因は。。。?

夏休みを終えましたが、残暑がまだ厳しい9月、いかがお過ごしでしょうか。これから秋の行楽シーズンですが、台風シーズンでもあります。この時期に「今日は頭が痛いと思ったら、気圧のせいだった」など、天気の変化で体調不良を訴える人はいませんか?このような天気によって引き起こされる体調不良は「気象病」と呼ばれ、決して「気のせい」ではありません。

「雨の日は頭痛が…」「台風が近づくと肩こりが…」等、様々な変化を感じることがあります。中には気分の落ち込み、抑うつ気分の増加等、心的な症状が現れる方もいます。気象病の主な原因は、冒頭にあるように気圧の変化だそうです。しかも変化が急であるほど症状が強くなります。台風のように気圧の変化が著しい場合はなおさらですね。

医学的には気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化します。この時、交感神経(興奮)と副交感神経(リラックス)の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまう様です。

予防には、一定のリズムで起床、食事、就寝など、シンプルに規則正しい生活をすることが一番だそうです。さらに、気圧の変化を見ながら、自分の気象病の症状がいつ出るのかを把握しておけば、気象病に対する心構えや予防がしやすくなります。余談ですが「頭痛ーる」というアプリは、気圧の変化がわかるだけではなく、気圧が大幅に変化するときにメッセージでお知らせしてくれます。自分の体調の変化等も記録できるので、体調管理に活用してみるといいですね。ご参考までに♪

【担当心理士:K】

2019年09月11日