地域支援事業

子育て支援 & 地域交流

国立市子どもショートステイを担当して5年目になりました。単年毎の契約ですが、地域支援のお仕事ができることはありがたいことです。

子育て支援を考える上で外せないのが少子化問題、核家族化問題です。子どもを産んでも預けるところがない、仕事にも復帰できるのかわからない等の育児・経済・生活不安は多く聞かれます。ショートステイでは2歳から12歳までのお子さんを預かることができます。多くの子育て世帯に利用していただき、地域の子育て支援が広がればと考えています。

今後は子育て広場の開設、育児、栄養相談など専門機能を提供できるように準備をしたいと考えています。

※ 災害時には一時避難場所としても使用できるようにプロパンガスの設備に変更し、災害備蓄品の準備も行っております。

 

担当:岡崎義人(ショートステイ担当)  TEL:042-572-8770  mail:info@kamino92.or.jp
問い合わせ受付時間:平日9~17時

 

 

子どもショートステイ『おひさま』

国立市では平成23年10月より「子どもショートステイ事業」を開始しました。「子どもショートステイホームおひさま」は、国立市より事業を委託された「公益財団法人 生長の家社会事業団」が運営する宿泊型の子どもショートステイです。

「子どもショートステイホーム おひさま」は、国立市にお住まいの方ならどなたでも利用できます。保護者の方がお仕事(出張等)、病気や出産、介護、育児疲れ、冠婚葬祭などで一時的にお子さんを養育することが難しい時などに、お子さんを安心・安全な環境で宿泊によりお預かりします。

平成28年9月より「日帰り」でのご利用も可能になりました。宿泊をしない15~21時のお預かりで、保育園や学校までお迎えに行くことも出来ます(別途料金がかかります)。ご利用前にお子さんと一緒に、面接や事前の説明を受けていただきます。また利用に関わらず、随時お部屋の見学を受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい♪

 

※ 国立市のサイトに詳しい説明があります。